« 響INヨーロッパ珍道中⑤ | トップページ | ある春の日の散歩 »

2009.04.03

ニパンのお客さん

緑地公園の山桜が咲き出し、

090318 ソメイヨシノより素朴で好き。

ワラビも芽を出した。

090317 昔はよく食べたなぁ。

と、そんなある日。高校時代の友人がやって来た。090328

このブログにコメントもしてくれてる、めぃさんでーす(◎´∀`)ノ

いらっしゃーい♪ニパンに会いに来たんやでー・・・090328_2

あれま、緊張しとるがな(^-^;

ニパさん、なんか最近になって人見知りするようになったんです。

もしや1歳になってやっと家族と家族じゃない人の区別が出来たんじゃないだろうね?

ね?・・・コイツのことだからあり得るなぁ。090328_3

今まで若い女の人に会うことがあんまなかったからかもしれんな。

ま、そのうち慣れるだろう~♪てことで、ちょっとずつ慣れてきたもよう。090328_4

ね、怖くないっしょ!

んじゃ、一緒に遊んでもらいなっさ~い♪

さすが15kgの♂犬飼いのめぃさん。

犬に慣れてる・・・

とはいえ、いきなりおどかすんかいっ(笑)090328_5

ニパンさん捕獲!遠い目をして必死なとこが笑える( ´艸`)プププ

090328_6

めぃさんのそばを通り抜けようとしてあっさり捕まり、090328_7

そして固まったのを良いことにいじられる。

090328_8

てかめぃさん、さすが私の友人やわ。ドS仲間ですなっ( ̄ー+ ̄)

家に帰っても、慣れたような慣れないような。

090328_9

私に助けを求めんなって。私のひざばっか乗るなって。

ところでこんなニパさん。

♂飼いからみると、顔の雰囲気から女の子ってすぐ分かるらしい。

動きは激しいけど性格は穏やかな方らしい。

良かったね~ニパさん。おしとやかな(?)女の子だってよー

ちょっと無愛想なニパさんだったけど、懲りずに又来てね~(´▽`)/09032810

きっと2回目はだいぶ慣れてると思うから。

不思議な牛柄犬が待っとります!!!

*何ともいえないニパンの表情をもう一度。

09032811 耳が変になるほど固まってる~

神妙な顔しちゃってぇ~ブハハハッヽ(*≧ε≦*)ニパンには悪いが、笑える~

ダブルでSな女がいじったり笑ったり絡んだので、少々困惑気味のニパンでした(笑)

|

« 響INヨーロッパ珍道中⑤ | トップページ | ある春の日の散歩 »

ニパン―1歳―」カテゴリの記事

コメント

おー!久々来たら載ってる…☆ありがとー!

あっはっは。それにしても。。。
改めてみてもおもしろーい♪
ニパっち可愛いわ…
ストレスにやられることなく元気してる??

性格ほぼ無視であんな扱いしといてなんだけど、慣れてくれなかったのはプチショック
次は覚えててくれるといーなv
激しい遊びならいくらでもつきあうぜ!!(笑/コラw

投稿: めぃ | 2009.04.07 19:22

めぃさんへ

ニパっちはとっても元気にしておるよ~
毎日ハッスル!!!(笑)
ニパさん全然深く考えないから大丈夫だよ~
隣のおじさんに慣れるの2ヶ月かかったけど、
今なんて遠くから見つけて猛ダッシュして感動の再会だもん。
いっぱい来てくだされ~
激しく遊んでくだされ~
次会ったときは覚えてる・・・はず・・・たぶん

投稿: 響 | 2009.04.11 08:27

ニパちゃん、固まるんですね。ウチもです~。
固まるだけならまだしも、いつガウガウするやもしれず。
友達も来なくなるほど吠え立てるし。

ニパンちゃんの名前の由来、拝読しました!
すごく気になっているわけがわかったような気がします。
実は私も28日生まれ。なにかっていうと、2,8の数字が付きまとって生きてきました(大げさ)
私も28ファミリーに入れてください^^

投稿: saco☆ | 2009.04.11 20:08

saco☆さんへ

28日生まれですか!!!なんて奇遇な(゚▽゚*)
そうなんです!そうなんです!
28がつきまとってくるんですよ~
28って聞くとなんていうか、こう、ピピッときますよね(笑)
ぜひ28ファミリーになってください!

この間予防接種に行ったんですが、ニパンは病院でも固まって石のようになります。息まで止めちゃって、まるで別人格です。ガウガウする余裕も全くない様で(^-^;治療しやすいってのは良い所ですね。
ニパンも結構吠えますよ~小屋の中に逃げながら・・・(気ちっさ-。-;)

投稿: 響 | 2009.04.12 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニパンのお客さん:

« 響INヨーロッパ珍道中⑤ | トップページ | ある春の日の散歩 »