« 梨を食べる | トップページ | 現実とエゴ »

2009.09.30

夕焼けに想い出す

パンチとさんぽしてるとよく会う人がいた。

0909309

最初は名前も知らない間柄だった。

80くらいのおばぁさんで

朝晩1時間くらいうちの近所をさんぽしていたのだ。

0909304 

なんでもお孫さんが私と同じくらいの年齢で

大学のこと大学院のことよく知ってみえて

私の学生事情を聞かれた。

0909303

たわいもない話。

0909306

いつもにこやかに。

私が福原愛ちゃんに似ているので

遠くから「あいちゃん!」って呼んでくれた。

0909308

卓球が趣味で

「あいちゃんも一緒にしようよ」ってよく誘われた。

0909307

最近見ないな、暑いからやね。

って思ってたら

0909305

ある日

車で走っていたら見つけた看板。

葬斎場の看板に○○家と書かれていました。

何千世帯もひしめき合う町だもん。

同じ苗字なんていっぱいいるはず。

と思ったのに。

Pa0_0065

その頃亡くなったことを後で知りました。

パンチととっくに会ってるはず。

もしかしたら一緒にさんぽしてるかもしれない。

Pa0_0064

おばぁちゃん。

一緒に卓球したかったな。

孫みたいに可愛がってくれて嬉しかった。

0909301

2年前の秋のように、さんぽしてると

どこかでひょっこり出会いそうな気がします。

おばぁちゃんが歩いてない道は

なんだか寂しいです。

0909302

さんぽの想い出はいつもふいに蘇る。

普段はどこかに

大切に仕舞われてるんだろうか。

09093010

さぁ

今日のさんぽは

どんな想い出になるだろう。

|

« 梨を食べる | トップページ | 現実とエゴ »

響のたわごとひとりごと」カテゴリの記事

コメント

うちのまわりにもお年寄りがてんこもりなので、
最近見かけないなーと思っていたら、
亡くなられていた。なんてことが何度かありました。
ああもうお会いできないんだなと思うと、
ググっと寂しくなりますね。
もっといっぱい話しておけばよかったな、なんて。
すれ違うだけの人とでも、
やっぱり大切にお付き合いしておかなくちゃね。
そういうことを改めて思いました。

おばあちゃんとパンすけさん、
きっとお空でお散歩しながら、
ニパさんを見て笑ってるよー。


投稿: やんぴぃ | 2009.09.30 14:59

何かを失ったとき、あの時ああしておけば、とかこうするんだったとか。
これはつぎのステージへの宿題、と自分をなぐさめつつ これからは思いついたら即行動、そう思うことを 今年何度か経験しました。

前回のコメント、ありがとう☆☆ ニパちゃんち方面のどなたかのところで愛されて、お散歩楽しんでいるなら、安心だな^^
 いわし雲 ゆらり揺れてる 散歩道   saco☆

投稿: saco☆ | 2009.09.30 20:31

いつもと変わらぬ風景も悲しい別れがあるととっても淋しい風景に思えることありますね。
おばあちゃんもきっと今頃、パンチさんと仲良くお散歩されてるかもしれませんね(*^_^*)
もしかしたら卓球の練習してるかも・・・おばあちゃん、きっと笑顔でおられることと思います。

投稿: お地蔵さん | 2009.10.01 11:42

やんぴぃさんへ

先日よくワンコを連れて散歩されてた近所の方が
突然亡くなって。
挨拶程度の会話しかしたことないんですけど、
パンチがさんぽデビューして初めて会ったワンコが
そのおじさんちの子だったことを思い出しました。
あれからこんなに時間が経ったんだと思うと共に
もう会うことはないんだな。と。
さんぽしてる人が1人また1人といなくなっていくのは
とても寂しいです。
本当ですね。
すれ違うだけの人でもお付き合いは大切にしていこうと思いました。

ニパン見て絶対おばぁちゃん笑ってます。
変な柄で不思議な犬やなーって(笑)


saco☆さんへ

私もパンチの時になんで最期に会えなかったんだろう、
から始まり、
なんでなんで・・・って後悔は必ず何をしても残る気がします。
今は今しかないことも、失ってから痛感させられたり。
つぎのステージへの宿題、そうですよね。そう思います。

とーっても可愛らしい子でしたよ~
また会えるのが楽しみです。
パンチが遠くに行ってしまったときに
駐輪所のおばさんに慰められたのですが、
「何匹も送りだしてきたけど、命は輪廻だから、
絶対そっくりな子がまたやってくるよ!」と。
ニパンはパンチが送り込んできたように思えてなりません。
きっと・・・みんなちょっと遠くに行っただけ。
今は姿が見えないだけ。どこかで生きていると
また戻ってきてくれると信じてます。

素敵な俳句ほっこりした気分になりました♪


お地蔵さんへ

そうですね。
風景は・・・人の感情の変化でも違って見えて、
どんなときも同じように包み込んでくれる気がします。
きっとパンチもおばぁちゃんも
こんな涼しくなった秋の風景の中
思い思いにさんぽしてることでしょう(^^)
なんたって、さんぽ大好きなお2人ですから!
あのお2人のことだから、マイペースなさんぽだろうな(笑)
途中で卓球しに寄り道して
ボールに興味のないパンチはじーっと座って眺めて
そこら辺でしゃべりまくって
なかなか家に帰ってこないんだろうな(^^)

想像するとなんだか笑顔になります♪


※一部訂正しました。

投稿: 響 | 2009.10.01 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けに想い出す:

« 梨を食べる | トップページ | 現実とエゴ »