« 夕焼けに想い出す | トップページ | 顔の広いお方 »

2009.10.02

現実とエゴ

現実を直視する。

目を背けてはいけない現実。

そして

0910121

空の向こうを想う。

お地蔵さんのところでも紹介されていたこの動画。

いろんなところで話題になっているので

もうすでに見られた方もいらっしゃると思いますが。

やっぱり、載せます。

動物愛護週間中に流されたニュース↓

すべての犬に安息の日々を・・・殺さないで!

子犬工場・・・悪質業者の闇

携帯→こちら

0910125

苦しんで殺される捨てられた犬たち。

ごめんね。

助けてあげられなくて。

救ってあげられなくて。

いつか必ず殺されたみんなの仇をうってやる。

傲慢で醜くて愚かなのはこの世の中で人間だけ。

動物は人間のエゴ。エゴでしかないのか。

私は今

ダンボールに入れられて捨てられていた

ニパンしか助けてあげられてない。

ニパンが、パンチが我が家にやってきた意味を考える。

ニパ。幸せ?

パンチ。幸せだった?

今日は、ブログを始めて100こ目の記事でした。

ニパンを迎えたことがきっかけではじめたこのブログ。

偉そうなこと言えないけど、生命の重さを、重いテーマも

取り上げていきたいと思う。

生きてることってほんとに奇跡みたいなこと。

そのありがたみを感じない生き物にはなりたくない。

少しでも、この現状が変わりますように。

な、そうだよね、ニパン。ね・・・

寝てきそうやな( ̄ー ̄;)

Photo

私は、あなたが安心できる居場所を一生守るって誓うよ。

我が家にやってきたときの、

人馴れしてなくて不安で押しつぶされそうなニパンの顔を

忘れることはありません。

愛情をそそいだ分だけ、見せてくれる柔らかく豊かになる表情。

穏やかになる性格。今はもうすっかり

0910124 安心しきってるな。

全体像はこんな感じ。

0910126

力抜けすぎ!

あー、あんた見てると私の力も抜けてくよー

なんて平和な日々。

すべての犬・・・いやこの世に生きる全ての生き物に安息の日々を。

・・・昨日のニパンさん↓と宣伝

ニパンは、一昨日私が寝坊して朝さんぽが無くなったので

0910127 怒ってました|_・)

さんぽいーっぱい行こうな。許しておくれm(_ _)m

マッサージで機嫌もなおったのか、昼ごろには

09101210 見事なヘソ天!

よく、ただいまーって帰ってくるとこの格好で迎えられます(笑)

寝坊してまで作ってたのは・・・

ひたすら円!この歳で円カッターをまともに使えるようになりました。

0910128 見よこの切り口!

進歩してるじゃん、私。 (もうすぐ23歳)

そんな円カッターの荒業炸裂の作品がこちらに↓

0910129 恥ずかしいので小さく(笑)

三重県某所で建築展開催中。私の所属をお知りの方は検索してみてください♪

運がよければ響さんに会えるかもしれません。

|

« 夕焼けに想い出す | トップページ | 顔の広いお方 »

ニパン―1歳―」カテゴリの記事

コメント

この子達は何のためにこの世に生まれてきたのでしょうか?希望に満ちた人生を夢見ていたに違いないのに・・・悲しく苦しむ声が今でも耳から離れません。
私達は今、幸せで、それなりに生活ができて、何不自由なく暮らしている。そんな私達は、この子達の自由や尊い命を勝手に奪うことをしてはいけません。
邪魔になったから・・邪魔な命なんてどこにもありません。今、生きようとしている命を守るために私達にできることはなんだろう。
みんなの意識が変わることを心から願います。

記事にしてくださりありがとうございました。
この現実を一人でも多くの人に知ってもらえれば・・・と思います。

投稿: お地蔵さん | 2009.10.02 11:10

前に「どうぶつたちへのレクイエム」
http://www.wantaro.com/book1/index.shtml
っていう写真集を本屋で立ち読みして
衝撃を受けたことがありますが
今回も涙が止まりませんでした
本当に、人間ってなんて恐ろしいことを平気で
出来るのだろう…って思うと
人間でいるのをやめたくなってしまします…

「なんで?」「どうして?」
っていうようなワンコ達の最後の表情が
頭からこびりついて離れません。

どうか1匹でも多くのワンコが
今この瞬間にも
里親に巡り合えていることを願います


投稿: カサコ | 2009.10.02 17:08

お地蔵さんへ

今私がこうして平和にPCに向かってる時でさえ
理不尽に殺されいく子たちがいるわけで。

まるで物のような扱い。
捨てた人間に対して問いたい、
どうやって殺されるのか知っていますか!?
さいごガスを部屋に注入するボタンを押せますか!?
自分が同じことされたらどうですか!?
と。もう、怒りと憤りがフツフツと・・・

今生きているワンコと殺されたワンコ、同じ生命なのに。
単に運命とかで片付けられたらたまったもんじゃない。
様々な生命に生かされて生きている人間に
ワンコの運命を変える権利なんてどこにもない。
せめて亡くなった子たちが生まれ変わったら
人に愛され安心して寝られる生活を味わえますように。

ニパンを迎えて、異様に若い男性を怖がる様にショックをうけました。
きっと虐待されていたか・・・何かトラウマがあることは確実です。
未だに男性恐怖症は治りません。
生後2ヶ月とはいえ、
人に「捨てられた」、という事実が
ニパンから消えることはないわけです。
でもワンコはちゃんと大切なことを分かってる。
人なんかよりずっと分かっている気がします。

みんなの意識が変わることを私も切に願っています。


カサコさんへ

このサイトは現実をそれほどオブラートで包むことなく
直視していて共感がもてます。

その辺に生命を捨てた犯罪者がうようよ平気で生きてると思うと
ゾッとします。どんな神経で生きているのかと。
なんで生命を殺した人間が生きていれるのかと。

捨てる人もいれば捨てられた子を受け入れる人もいる
というのがせめてもの救いだと思います。

こういう、表面上世の中に現れない負の部分というか
人間のやましい影の部分をもっと知ることから始まると思うんです。
私は今になって、小さい頃から学校で
机の上の勉強や「みんな仲良く」みたいなきれいごとじゃなく
もっとドロドロした汚い部分や弱みも教えて欲しかった
と思うときがあります。
今は衛星上などの理由で、私の母校の小学校の飼育小屋には
一匹も動物がいません。
外で遊んでいても、防犯上危険なこともあるので、
山の奥とか田んぼの畦とかで生き物と触れ合って遊ぶ子は
随分減ってきました。
生きていくことの意味や尊さを学ぶ機会が
減っている気がするのでなおさら。
「どうぶつたちへのレクイエム」学校の本棚に並んでいて欲しいと思います。

でも
私の子どもの頃はもっとのんびりしてて平和だったけど、
こんなにワンコを家族として迎える人はいなかった。
「畜生」って言って残飯処理係のとこもまだあったので。
そう思うと、まだまだ希望は持てるのかもしれません。

投稿: 響 | 2009.10.03 08:20

オンタイムで見ていましたが あまりにつらく途中で目を向けられず。今回も同じ場面、見られません。
でも、現実に起こっていること。私の住む所にも愛護センターがあります。広々した館内と親しみやすい広場があり、年に何度かイベントも行われています。でも、施設の隅っこに命を操る場所も。
ヒトと動物がバランスとって共存できる世界を深く望みます。

響さん一家にどっぷり安心しきっているニパちゃん、
コワい男の人ばかりじゃないよ。 ちょとずつ心開けますように^^
ところで響さん、円形カッターの使い方、見せてくださいよ!私も職業柄(?)よく丸い形にちまちま切っているんですけど、それ使ったら滑らかで早いかしら!

投稿: saco☆ | 2009.10.03 20:57

saco☆さんへ

最後の場面を見るのはほんとにつらいです。
号泣しました。
三重県の愛護センターではイベントやってないんです。
譲渡も仔犬だけ。
講習を何回も受け・・・までは良いんですが、
先住犬がいない家などの条件を満たし、
譲渡にふさわしい仔犬が現われるまで
何年も待たなければなりません。
相性もみれず1匹渡されて生涯よろしく、
って言われるんです。
その子その子個性も感情もあって人との相性もあると思うから、
お見合いもなしに渡されて・・・
私はこのやり方が腑に落ちません。
saco☆さんの県のほうが進んでますね。

今まで人間が支配していくまでは人と動物が共生して
生きてきたことを思うと、
共存できる世界にするのも人間次第。
人間の意識が変わっていくことを私も強く望みます。

円カッター次回upします!
滑らかで早いと思います~
ぜひお試しください♪

投稿: 響 | 2009.10.04 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実とエゴ:

« 夕焼けに想い出す | トップページ | 顔の広いお方 »