« また会える日まで | トップページ | 秋の虹 »

2009.10.11

台風の想い出

台風のとき玄関にいるニパンを見れば

どうしたってパンチが玄関にいた様子を想い出す。

そんな台風がとても苦手だったパンチとのエピソードを

当時の絵日記で。

H16.8.31 「台風」

0910111 怠覆ってどんな意味だろう・・・

0910112

0910113

0910114 なんか恥ずかしい

0910115

0910116 はっちょまけ=散らかす、です

パンすけは台風が、というより風の音が苦手で

台風のように暴風だとパニックになっていました。

なので、雨や風に敏感。

Pa0_0007 ダンボールをちぎるのが好きでした♪

夜中 ビリッ ビリッ とちぎる音が聞こえて寝れなかったものです(笑)

台風が近づいてくると

「玄関に入れて」と目や態度で訴えてきました。

台風が過ぎ去ると

「早く外に出して」って言うんですけどね(^^)

雨降る中外で遊んで、暴風の中爆睡するニパンとは本当に正反対です。

富士丸くんへ↓

こんなこと勝手に書いてしまって本当はいけないと思うのですがちょっとひとりごと。

今月1日に富士丸くんがお空へ旅立ちました。

7歳で前触れもなく突然。パンチと重なります。

私がブログの存在を知ったのは、新聞に

『富士丸な日々』の書籍販売案内が載っていたからでした。

現在たくさんの書籍や連載をされています。

人気ブログ待望の書籍化!だとかなんとかキャッチコピーがついてて、

富士丸くんと穴澤さんの1人と1匹暮らしを綴ったブログに

たどり着いたのです。ブログは→こちら

何回かコメントさせていただいたこともあって。

かれこれ今から3年前くらい。その頃富士丸くんは4歳だったかな。

富士丸くんもニパンと同じように行き場のなかったワンコです。

このブログのサイドバーにリンクしてある

ネット上の里親募集掲示板「いつでも里親募集中」で出会ったそうです。

ニパンは保護されてすぐ我が家に来ることが決まったため「いつさと」には載ってないのですが、

今もたくさんの行き場のない子たちが家族を待っています。

「いつさと」の存在を詳しく知ったのも富士丸くんがきっかけでした。

穴澤さんの考えには共感できる部分が多く

いつも頷いて記事を読ませていただいてました。

最近の記事では、いぬのきもちwebの連載が心に染みたな。

健康診断もして気をつけて大切にされてきたのに。

ワンコの突然死はやはりあるんだな、というのが実感。

数時間外出して帰ってきたら・・・冷たくなっていたそうです。

パンチの時も、朝学校へ行く私を追ってきた姿が最後でした。

・・・いつか来る日。飼い主として最期まで。

あくまで私の感覚なのですが、7歳ってワンコの厄年かな。と。

今思うと、最近穴澤さんが

「富士丸も5歳の頃と比べると皮膚もたるんできて歳とったな」

というような記事を書いていた記憶があります。

実際パンチも7歳になって、なんか突然老けたなー、と思いました。

見た目には元気で本人も気づいてなくても、前触れなのかも・・・。

富士丸くんのために自宅勤務にし山に家を建てる計画を立て・・・

穴澤さんの愛情はちゃんと伝わってます。

富士丸くんは幸せだったに違いありません。

ご冥福をお祈りいたします。

・・・一度実際に会いたかったな。

|

« また会える日まで | トップページ | 秋の虹 »

パンチ」カテゴリの記事

コメント

二パンさんとパンチさん、全く真逆の反応をするんですね(笑)でも、普通のワンコはやっぱり台風とか怖いんだと思いますよ。
うちの元太は台風が来ようが何が来ようが毎日の「お散歩だけは絶対行くねん♪」的なオーラを出してますが・・(^_^;)

あれから富士丸君のブログを訪ねてみたらほんとにたくさんの人がコメントを寄せてられました。
たくさんの人に愛された富士丸君、私も一度でいいから会いたかったです(;_;)

投稿: お地蔵さん | 2009.10.12 11:31

お地蔵さんへ

やっぱりニパンは普通じゃないですよねー(笑)
元太くんお散歩大好きなんですね♪
パンチも台風でもトイレだけは外派なので行きました。

あのコメントの数をみても、富士丸くんが
本当にたくさんの人々の心に残っていることが分かります。
画面を通してしの姿しか知りませんでしたが、
富士丸くん大好きです。

投稿: 響 | 2009.10.12 14:05

パンチちゃん、台風なのにその笑顔、ちょっとわくわくしている子どもの頃みたいです^^
一方、ニパちゃんは台風?どんな遊び~?って感覚なのかな?
ウチは2匹とも苦手。風、びゅーびゅーコワい、雷、もっとこわーい、で部屋の片隅にガタガタ縮こまってます^^;


富士丸くん、私もショックです。
このところ、涙の乾く間がなく、この3連休も天晴れな秋空をながめてはぼんやりしてしまいました。
7歳は犬の厄年…あると思います。心に留めておきます。
富士丸くんも、大福ちゃんも、お空で楽しく暮らしていますように!
いい大人なんですけど、そんな御伽噺の世界にすがってしまいます;;

投稿: saco☆ | 2009.10.12 20:22

saco☆さんへ

パンチは玄関に入ると安心して、
いつもと違う場所で寝るからお泊りに来たみたいな
ワクワクを感じていたのかもしれません(^^)
ニパンは・・・雨も風も気にならないようです(汗)
ディノちゃんもクッキーちゃんも片隅で震えてるなんて
なんておんなのこらしい(*´~`*)
大切にされてるお嬢様ですもんね♪
うちの野生児に爪の垢でも飲ませてやりたい・・・

私もこの連休は空ばかり眺めては
みんなどうしてるかな、と思ってました。
小学生のころうさぎの耳子が夢に出てきたとき、
壁がオレンジ色で2階建てで前面に芝生の広がった豪邸を前にして、
「友達もいっぱいいて家族と幸せに暮らしてるから心配いらないよ」
って言ったんです。それから時々みえていた姿がみえなくなり
あ、成仏したんだな、と思いました。
今考えると私自身がつくりだした話のような気もしないですが
・・・いまだに信じてます。

投稿: 響 | 2009.10.12 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の想い出:

« また会える日まで | トップページ | 秋の虹 »